2017年2月17日

神戸製鋼 ホットスタンプ用冷延鋼板、加古川で量産体制

 神戸製鋼所は17日、自動車向けホットスタンプ用冷延鋼板(焼入れ後強度1470メガパスカル級)を開発し、加古川製鉄所で量産体制に入っていると発表した。トヨタ自動車が発売するプリウスの骨格部材(センターピラー補強材)に採用された。神鋼にとってホットスタンプ用鋼板の受注は初めて。冷延超ハイテンや高機能アルミ材などを強みとする同社だが、今回のホットスタンプ用鋼板への参入や、研究開発が進む鉄とアルミのマルチマテリアル化などで品揃えを強化し、軽量化に向け多様化する自動車メーカーのニーズに対応する構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)