2017年3月6日

新日鉄住金、鋼材販価5000円引上げ 上期 国内外の全品種対象

 新日鉄住金は2017年度上期に鋼材販売価格をトン5000円引き上げる。原料炭価格は下がるものの鉄鉱石や副原料の価格が上昇しているためトータルの原料コストは下がらないと認識。高品質・高機能材の供給責任を果たすには、いわゆる再生産可能な水準への利益回復が不可欠と判断。「マージン改善に向け、4月からの5000円の値上げについて理解を求めていく」(佐伯康光副社長)。この追加値上げは国内・海外の全品種、ひも付き・店売りが対象となる。

おすすめ記事(一部広告含む)