2017年3月17日

阪和興業、店売り薄板定尺品値上げ

 阪和興業は、店売り薄板(熱延・酸洗・冷延・表面処理鋼板)の定尺品販売価格について、大阪、東京、名古屋地区で3月21日受注分から、一斉に値上げを実施する。値上げ幅はトン当たり5000―7000円。東名阪の鋼板販売部で取り扱う流通・加工業向けの店売り定尺品全般を対象とし、4月初頭までに完全浸透を目指す考え。

おすすめ記事(一部広告含む)