2017年3月17日

日鉄住金精圧品、機械加工分野を強化

 日鉄住金精圧品(本社=愛知県半田市日東町、坂本雅紀社長)は本社工場内の第4工場棟に切削加工設備などを順次導入し、機械加工分野を強化している。20年前から、自動車向け部品の高付加価値化を推進してきたが、新たに鍛造品に機械加工を施した高機能部品の要求が増えており、かつて高力ボルト(HTB)の工場だった第4工場棟を機械加工工場に特化させて対応するのが目的。現在、売り上げの半分近くが機械加工まで手掛けた製品となっており、今後、さらに、このウエートを高めていく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)