2017年3月31日

向山工場、中間圧延機を全面更新

 関東地区細物異形棒鋼電炉メーカー、向山工場(本社=埼玉県川口市、向山勝社長)は2017年5月に、久喜工場(埼玉県久喜市)の中間圧延機6スタンドを全面更新する。設備の老朽更新と作業効率化、製品の品質向上を目的としたもので、神戸製鋼所製圧延機を初めて導入する。投資額は関連電気工事(富士電機が担当)を含めて、約12億円。

おすすめ記事(一部広告含む)