2017年5月12日

淀川製鋼所、設備投資連結で44億円

淀川製鋼所は、2018年3月期の設備投資額について連結で44億円、単独で24億5000万円を予定している。

主な案件は、台湾SYSCO社の2号圧延機モーター交流化(18年3月完成予定、1億9000万台湾ドル=約6億9000万円)、淀川製鋼所国内拠点での太陽光パネル増設(2億9000万円)など。
おすすめ記事(一部広告含む)