2017年7月21日

共英製鋼、異形棒2000円値上げ

 異形棒鋼最大手の共英製鋼は20日、8月販売分の異形棒鋼価格を全事業所(枚方・名古屋・山口)でトン当たり2000円引き上げると発表した。販価引き上げは4カ月ぶり。電極など諸資材価格に加えて、鉄スクラップ市況が上昇基調に転じていることなどから「市況の立て直しと損益改善が急務」とし、販価引き上げを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)