2018年11月20日

共英製鋼、異形棒2000円値上げ 12月販売、2カ月連続

 異形棒鋼国内最大手の共英製鋼は20日、12月販売分の異形棒鋼価格を全事業所で前月比トン当たり2000円引き上げると発表した。販価引き上げは2カ月連続で、値上げ幅は計4000円。土木・建築関連需要が旺盛で製品需給が引き締まっていることを背景に、電極・合金鉄等の副資材価格や輸送費の値上がりなどによる大幅なコストアップにも対応する。「H形鋼など他の電炉製品との価格差が生じている」(同社)ことも値上げの判断材料となった。

おすすめ記事(一部広告含む)