2017年10月6日

大阪地区の形鋼類・平鋼市況、1000―2000円上伸

 大阪地区のH形鋼市況が続伸、平鋼市況も上昇した。上昇幅はそれぞれトン当たり1000円で、市況はH形鋼が7万6000円(ベースサイズ)、平鋼は8万1000円(同)となった。平鋼は小型サイズでメーカーによるエキストラ改定が行われていることを受け、流通もエキストラの一部改定を行った。I形鋼と不等辺山形鋼も2000円ずつ上昇しており、形鋼類全般が強基調となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)