2017年11月2日

東洋鋼鈑、トルコの冷表事業好調 生産性・品質向上に注力

 東洋鋼鈑はトルコで展開する冷延・表面処理鋼板製造事業の稼働率が当初想定した30%を上回る水準となっており、来年度のフル稼働に向け、生産性と品質の向上に注力する。1日に東京・鉄鋼会館で開いた決算説明会で17年4―6月連結決算概況などとともに明らかにした。

おすすめ記事(一部広告含む)