2017年11月10日

JFE条鋼 国内向け条鋼・異形棒販売、下期も採算重視の姿勢

 大手電炉メーカー、JFE条鋼は条鋼製品および異形棒鋼の国内向け販売に関して、2017年度下期も採算重視の姿勢を継続する方針だ。国内建設需要が回復傾向にある中、細物異形棒鋼を手掛ける東日本工場東部製造所(埼玉県三郷市)では前年同期比20%減となる減産を継続。他製造所も定時操業をキープするなど、「全製造所でコストダウンを徹底しており、製造コストを反映した販売価格を守る」(砂川直登・取締役常務執行役員)考え。

おすすめ記事(一部広告含む)