2017年11月27日

山陽特殊製鋼、構造用・軸受鋼値上げ 12契から5000円 原料高など転嫁

 山陽特殊製鋼は12月契約分の構造用鋼と軸受鋼の販売価格について、トン5000円引き上げる。鉄スクラップサーチャージを運用する需要家を除いた、店売りと一部ひも付きに対して実施する。足元での鉄スクラップ価格上昇や諸資材価格の高騰など原料コスト高を受け、価格改定を決めた。構造用鋼と軸受鋼の値上げは8カ月ぶりで、昨年12月契約分からの累計値上げ幅は2万円。

おすすめ記事(一部広告含む)