2018年3月6日

神戸製鋼 川崎会長兼社長と金子明副社長が辞任 品質データ改ざん問題で

 神戸製鋼所は6日、川崎博也代表取締役会長兼社長が4月1日付で辞任すると発表した。金子明代表取締役副社長も辞任する。データ改ざんなどの不祥事を受けて、両氏の辞任の申し出を5日の取締役会で受理した。後継社長は近日開催の取締役会で決議、公表する。川崎、金子の両氏は4月以降も取締役として業務引き継ぎを行い、6月の総会で取締役を退任する。
おすすめ記事(一部広告含む)