2018年3月20日

アークノハラと群馬大学、自動運転で共同研究

アークノハラと群馬大学、自動運転で共同研究
路車間通信のイメージ図

 野原ホールディングスグループのアークノハラ(本社=東京都新宿区、赤川喜和社長)は、群馬大学と自動運転に関する共同研究契約を14日に締結し、先週から研究をスタートさせた。自動運転車両と、道路標識や視線誘導標といった道路付帯物との路車間通信の基礎開発と有効性を確認する。具体的な内容などは協議しながら決め、19年3月末まで共同研究を行う。

おすすめ記事(一部広告含む)