2018年5月9日

日立金属、マルチマテリアル開発着手

 日立金属は9日、素形材事業において自動車の軽量化ニーズに対応する「マルチマテリアル化」の研究を開始したと発表した。このほど、新たに扱うCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を活用した成形トライアル品を試作し、今後、自動車関連部品を中心に用途を探り2025年以降の製品化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)