2018年5月17日

五十鈴関東、シート加工体制刷新 レベラーとシャー同期化 

 大手コイルセンターの五十鈴関東(本社=栃木県小山市、瀬戸明宏社長)はこのほど、シャーリング加工の採算改善を目指し、太田サービスセンター(群馬県太田市)のシート加工体制を刷新した。レベラーラインとシャーリング機の工程を同期化し、仕掛かり在庫をなくすとともに、ローラーコンベアや自動搬送台車の導入により、構内物流を大幅に効率化。生産性が向上したことで、加工能力は従来比25%増加した。

おすすめ記事(一部広告含む)