• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年5月17日

谷潤一・新日鉄住金八幡製鉄所長会見 鉄源構造改革を着実に実行

谷潤一・新日鉄住金八幡製鉄所長会見 鉄源構造改革を着実に実行会見する谷潤一新日鉄住金執行役員八幡製鉄所長

【北九州】新日鉄住金八幡製鉄所は16日、谷潤一執行役員八幡製鉄所長の会見を同製鉄所内で開き「重責を担うに当たり、身が引き締まる思い。地道に責務を果たしたい」と抱負を述べた。続いて(1)「安全・環境・防災、品質、コンプライアンス最優先」(2)「生産安定化」(3)「2020年中期計画の確実な実行」について運営方針を語った。

(1)について、安全面は「安全の3本柱である基本行動の徹底、風化防止、風通しの浸透と定着させる」。防災面は「地域に信頼される製鉄所の構築、ハード・ソフトの両面から確実な対策を実行。訓練を通じた初動対応のレベルアップを図る」と述べた。

続いて環境・コンプライアンス面は「厳格な管理・運用の継続を行う。日頃からの確実な点検、モニタリング、万が一に備えた初動マニュアルの訓練を行う」とし、品質面は「品質管理高度化への対応をする。システムの自動化によるハンド介入の排除と鉄源構造対策の実行に備えた対応を推進する」と訴えた。

(2)の生産の安定化について、「つくる力の維持・向上を行う。具体的には5ゲン主義の徹底実践する」と強調した。

(3)の20年中計について、「製鉄所の競争力強化が重要で、鉄源構造改革を確実に実行する。戸畑地区新CCの確実な立ち上げ、小倉地区は上工程設備休止までの安定稼働を継続する」と表明した。また、新商品の開発方針として「八幡品種のさらなる競争力強化、中長期のマーケット変化ニーズの変化に対応していく。また、新CC稼働に合わせ所内の技術研究所の増員を検討している」と述べた。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/08/16
H2新断プレス
34800円 (―)39700円 (―)
311.8ドル (2.19)355.7ドル (2.5)

 換算レート (TTS) 111.61円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/08/16調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22550022000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 661 656 659 654
電気亜鉛 311 305 311 305
電気鉛 283 280 283 280
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ