2018年6月12日

丸紅、金属資源権益拡大へ 既存優良案件軸に投資

 丸紅の金属資源本部は鉄鉱石、原料炭、銅、アルミの4つのコア事業で資源権益拡大の機会を探る。資源価格低迷が続いた過去数年は豪州ロイヒル鉄鉱山開発など仕掛り案件を手掛けながら一部資産の整理、優良化を進めてきたが、資源市場が底入れ反転する中で、慎重ながらも成長に向けて踏み出す。既存優良案件を軸に、豪州の鉄鋼原料も能力増強の検討を進める。次世代に向けてインドや東南アジアなどの成長で需要増が確実な資源の供給力を着実に高める。

おすすめ記事(一部広告含む)