2018年6月15日

BHP・伊藤忠商事・三井物産 西豪で新規鉄鉱石開発

 豪資源大手のBHP、伊藤忠商事、三井物産は、西豪州の鉄鉱石開発計画、サウスフランクの投資を決めたと発表した。先行投資分を除いた投資額は総額34億ドル(3756億円)。鉱量の限界に達しつつある年産8000万トンのヤンディ鉱山の後継として開発する。2021年に稼働し、25年以上にわたって生産する。コスト競争力の高い新規開発によって、生産量を維持するとともに品位など高付加価値化も進め、需要拡大に応じる。

おすすめ記事(一部広告含む)