2018年8月2日

6月末薄板3品在庫、小幅減にとどまる

 6月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・8%、3万8000トン減の429万9000トンとなった。例年、5月から6月にかけて3品在庫は6万8000トンほど減少しているが、今回は小幅にとどまった。自動車や建設など需要は好調を維持、コイルセンターの稼働率も高い水準で、メーカーの店売り向けの引き受けカットも続いているが、5月の輸入材の増加や最終需要家までの物流ネック、建設分野での工事遅延などが影響したものとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)