2018年8月14日

三木弘鋼材、コラム加工 生産性高める

 三木弘鋼材(本社=兵庫県たつの市、三木成文社長)は今年9月にも、相生工場(兵庫県相生市矢野町)のコラム用の切断機1基を更新する。設備の老朽化対策と、コラム加工の生産性の向上が目的。導入予定設備はアマダマシンツール製の「HK―1000CNC」。導入後はコラム加工の小口・即納の注文にきめ細かく対応していく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)