2018年8月27日

司鋼商会、半田の第2工場本稼働 切断加工能力月150万個に

 地区特殊鋼大手の司鋼商会(本社=愛知県東海市名和町1番割下1、澤津橋聖司社長))はこのほど、半田工場(愛知県半田市州の崎町2―5)敷地内での第2工場建設工事を完了し、きょうから本格稼働を開始する。これに伴い第1工場との機能分化による効率化も実現し、半田工場は月間切断加工能力150万個の同社旗艦工場として自動車、自動二輪、織機、建機など幅広い産業分野へ切断品を供給していく。さらに第1工場では新検査ラインを設置するとともに、来年をめどに切断加工能力を積み増す投資計画で、高い水準で推移する需要家ニーズへの対応を急ぐ。

おすすめ記事(一部広告含む)