2018年8月31日

東北デーバー、異形棒鋼を値上げ

 東京鉄鋼と伊藤製鉄所の小棒共販会社、東北デーバー・スチールは9月契約分から異形棒鋼を値上げする。主原料である鉄スクラップ価格の高騰に加え、電極や耐火物、合金鉄など副資材の価格も軒並み値上がりしており、製造現場のコスト削減の自助努力だけでは吸収しきれないことから、一部を製品価格に転嫁する。

おすすめ記事(一部広告含む)