2019年8月6日

東北デーバー、鉄筋棒鋼据え置き 秋口以降値上げも

東京鉄鋼と伊藤製鉄所の小棒共販会社、東北デーバー・スチールは2019年8月契約の鉄筋棒鋼販売価格について据え置くことを決めた。主原料である鉄スクラップは市況が反転基調となっている。さらに輸送費、人件費など諸コストも継続的に上昇していることから、秋口以降には販価引き上げも視野に入れる。

おすすめ記事(一部広告含む)