2018年9月5日

JFEアドバンテック、高圧機器の絶縁劣化診断機器新製品を拡充 コロナ放電、可視範囲広く

 JFEアドバンテック(本社=兵庫県西宮市、吉居卓也社長)は、コロナ放電の発生を「見える化」し、高圧機器の絶縁劣化を診断する新製品「コロナ放電ビューアー MK―760」の販売を開始した。カメラ画像に重ねて表示し、従来のパラボラ方式に対して広範囲のコロナ放電を確認できる診断機器は、業界初とみられる。初年度100台の年間販売を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)