• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2018年10月10日

普電工・明賀会長、鉄筋用小棒の国内出荷に天井感も

普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は9日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開催した。

明賀会長は建設関連指標に関して、「2018年8月の建築着工床面積は構造計で1090万平方メートルと前月比で減少したものの、比較的高いレベルにある。ただ、構造別で鉄筋コンクリート造の低下傾向は懸念材料だ。用途別では居住用が670万平方メートル、非居住用は420万平方メートルであり、非居住用のマイナスが一過性の現象かどうかが気になるところ。一方、土木は7月の公共工事受注金額が前年同期比9%減、民間土木工事受注金額も16%減であり、低迷している」などと分析した。

鉄筋用小棒の状況に関しては、「18年8月における鉄筋用小棒国内向け出荷量は前年同月比2%減で7カ月ぶりのマイナスとなる60万3000トンとなり、3月から続いてきた水準を下回っている。生産は出荷見合いの規模が続いており、在庫率は78%で適正レベルにある。鉄筋用小棒の国内向け出荷量は16年度がボトムになり、17年度で若干回復し、18年度上期は前年同期を上回るペースで来ているものの、足元は鉄筋型枠分野での人手不足が影響を及ぼしてきており、これからの大きな伸びは期待できず、天井感が少し出てきている」と述べた。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 日刊産業新聞DIGITAL または 産業新聞本紙のご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/07/02
H2新断プレス
23300円 (-500)25300円 (-500)
214.77ドル (-3.34)233.2ドル (-3.24)

 換算レート (TTS) 108.49円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/07/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6400060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7300074000
鉄スクラップ
H2-12500-11500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -678 -673 -676 -671
電気亜鉛 266 260 266 260
電気鉛 248 245 248 245
アルミ二次地金 99% 161 156 161 156

非鉄金属市場価格へ