2018年5月15日

普電工・明賀会長、「着工伸び反映せず」 鉄筋用棒鋼国内向け出荷

 普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は14日、東京・茅場町の鉄鋼会館で定例の記者会見を開き、「2017年度の鉄筋用棒鋼の国内向けの出荷量は763万トンと前年度比でプラス1・7%となり、4年ぶりに増加した」と報告した。「期待ほどには出ていない。着工ベースでは2016年度に伸びているが、実需が、それを反映して伸びていていない。これから出てくるのを期待している」とコメントした。

おすすめ記事(一部広告含む)