2018年10月15日

ハヤカワカンパニー、売上高倍増300億円へ 新中計策定

 【名古屋】特殊鋼流通大手のハヤカワカンパニー(本社=名古屋市西区、早川元章社長)は、今期(2019年3月期)を初年度とするグループの5カ年中期経営計画を策定、スタートした。製造子会社で自動化投資を中心に生産性の向上を図りつつ、国内外の拠点間の連携を強化。多様な事業を包括するグループの「全体最適化」を推進し、最終22年度の売上高で前期実績比倍増となる300億円を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)