2019年1月18日

アイ・テック、中径角の製造販売開始 東京支店・工場

 アイ・テックは今月5日から東京支店・工場(千葉県富津市)で中径角形鋼管(STKR400)の製造販売を開始している。17日に同支店で大畑大輔社長や円谷哲・取締役東京支店長らが記者会見を開き、明らかにした。約7億円を投じ、付帯設備を含めた造管ラインを東京工場で設置。昨年7月の塗装ラインを含めると一連の投資額は約11億円となる。4日にはJIS規格(JISG3466・STKR)も正式に取得。今週15日から出荷を始めており、今後は月産1000トンの生産量を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)