2019年2月7日

特殊鋼メーカー5社 4―12月期、全社増収も利益面苦戦

 特殊鋼メーカー5社の2018年4―12月期連結決算が6日出そろった。全社が増収となり、利益面では山陽特殊製鋼が純利益のみ増益、三菱製鋼が経常損失および純損失計上、大同特殊鋼、愛知製鋼、日本高周波鋼業が経常利益および純利益で減益となった。自動車や産業機械関連の需要堅調を背景とした数量増、販売価格の上昇が売上げ増につながったが、副資材価格の高騰などがコストを圧迫した。
おすすめ記事(一部広告含む)