2019年2月13日

普電工・明賀会長 「建設需要総じて堅調」 小棒出荷779万トンに増

普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は12日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開催した。

明賀会長は鉄筋用小形棒鋼の状況に関して、「2018年12月の国内向け出荷は61万4000トンで前年同月比0・7%増となった。在庫率は少し上昇したものの、86%で問題視するレベルではない」との認識を示した上で、「18暦年ベースでは779万トンで前年比2・4%増となり、鉄筋コンクリート造の建築着工床面積はどん底になったものの、国内向け鉄筋用小棒出荷数量は鉄骨造の基礎向け、土木向けなどを含めた形でプラスになっている」とコメントした。

おすすめ記事(一部広告含む)