• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2019年3月12日

普電工・明賀会長、建設需要「当面は高水準」

 普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は11日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開催した。

 明賀会長は鉄筋用小形棒鋼の状況に関して、「2019年1月の国内向け出荷は60万6000トンで、前年同月比5・4%増と4カ月連続プラスとなった。在庫率は88%と、一定水準を維持している」とした上で、「国内建設需要は総じて堅調で当面、高水準で推移するだろう。東京オリンピック・パラリンピックの施設整備は終盤戦に来ているが、今後も大型再開発が継続するとともに、中央リニアや新幹線延伸、首都圏環状道路整備など大型土木工事も続く。防災・減災関連の国土強靭化対策も強化される。大阪万博関連のインフラ整備もあり、土木を中心に建設需要は安定している。その一方で、国内建設需要に関係してくることから、米中貿易摩擦、中国経済の変調による日本製造業への影響を注視している」とコメントした。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 日刊産業新聞DIGITAL または 産業新聞本紙のご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/01/27
H2新断プレス
24300円 (-400)26500円 (-500)
220.79ドル (-2.56)240.78ドル (-3.37)

 換算レート (TTS) 110.06円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/01/27調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800063000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8100082000
鉄スクラップ
H2-14000-12000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -668 -663 -666 -661
電気亜鉛 -304 -298 -304 -298
電気鉛 265 262 266 263
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ