2019年3月11日

アカシ、碧海第2工場が稼働 ファイバーレーザー導入

 【高浜】厚鋼板加工業者のアカシ(本社=愛知県高浜市、加藤純也社長)は、高浜市碧海町の碧海工場敷地内に建設した「碧海第2工場」に同社初のファイバーレーザー加工機1基を導入し、先週7日から稼働を開始した。同時に本社工場ではプラズマ加工機1基の更新なども実施。3工場の機能の使い分けで、全社的な生産性向上を図る。5月連休明けをめどにファイバーレーザーで高速切断も可能とし連続操業体制を強化することで、月間加工量を従前の650トンから800トン程度に引き上げていく。

おすすめ記事(一部広告含む)