2019年3月15日

JFEケミカル、中国で負極材事業展開 合弁設立に向け宝鋼子会社とFS

 JFEスチールは15日、100%子会社のJFEケミカルと中国宝山鋼鉄股份の100%子会社である宝武炭材料科技が中国での電池材料(負極材)事業に関する合弁会社を設立するため、同プロジェクトの事業性検証(FS=フィジビリティ・スタディ)の実施を決定し、同日、合弁意向書を締結したと発表した。中国は電動自動車の急速普及で世界最大の市場に成長、この主要部材である電池材料(負極材)の需要が見込まれ、かねて中国での電池材料事業の可能性を検討してきた。すでに中国内モンゴル自治区の烏海市で炭素事業を展開する宝武炭材と組んで、同プロジェクトへの参画を前提にFSを進める。

おすすめ記事(一部広告含む)