2019年4月5日

JFES、福山第4高炉が復旧 復調ずれ込み 40万トン追加減産発生

 JFEスチールは4日、1月上旬に付帯設備でトラブルが起き不調となっていた西日本製鉄所・福山地区の第4高炉(炉容積5000立方メートル)が復旧したことを明らかにした。昨年10月の西日本製鉄所・倉敷地区の第2高炉にはじまり、東日本製鉄所・千葉地区、西日本製鉄所・福山地区と3基の高炉が相次いで不調となったが、約半年ぶりに高炉8基全てが通常操業に戻った。ただ、福山4高炉は2月末としていた復調が約1カ月ずれ込んだことで、40万トンの追加減産が発生した。

おすすめ記事(一部広告含む)