2019年5月22日

JFES 30キロワット大出力真空レーザ溶接、福山に導入

 JFEスチールは22日、定格出力30キロワットの大出力レーザによる真空中でのレーザ溶接技術を開発し、クラッド鋼板の生産性向上を目的に西日本製鉄所(福山地区)厚板工場のクラッド鋼板製造工程に導入したと発表した。30キロワット級の大出力レーザを用いた真空レーザ溶接の鉄鋼生産ラインへの適用は世界初。

おすすめ記事(一部広告含む)