2019年5月27日

梅村建工、鹿島と共同開発 QRコード管理システム運用スタート

 【岐阜】岐阜県のHグレードファブ梅村建工(本社=岐阜市太郎丸、梅村憲社長)は、名古屋市内の建設現場において、大手ゼネコンの鹿島と共同で、QRコードを活用した建築鉄骨の品質、工程管理システムの試験導入を開始した。鉄骨用の鋼材など使用部材の規格やサイズ、製品精度、単品重量や各種検査結果などの品質に係るデータから、工程の進捗状況などをファブとゼネコン双方がリアルタイムで把握できるシステムで、鉄骨の品質や工程の管理精度を一段と高めることができる新たな管理システムとして注目される。

おすすめ記事(一部広告含む)