2019年7月1日

JFE建材の鋼製流木捕捉工、群馬県で初施工

 JFE建材(久保亮二社長)はこのほど、鋼製流木捕捉工「J―HDスリット」が片品川流域二又沢(群馬県沼田市)の工事で初施工されたと発表した。設置延長は22メートル、透過部高さは4メートルで、鋼材重量は28トン。既設の不透過型砂防堰堤に流木捕捉機能を追加するために設置された。土砂災害が増加する中で、防災商品の普及を通じて社会に貢献していく。

おすすめ記事(一部広告含む)