2019年7月24日

大阪製鉄、8月契約一般形鋼販価 10カ月連続据置き

大阪製鉄は24日、8月契約分の一般形鋼販売価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。販価据え置きは10カ月連続。中小建築案件の工期遅れなどで店売り市場の荷動きは停滞気味だが、下期に向けて建築関連を中心とした鋼材需要は底堅く、足元は電炉夏季減産期に伴って製品の供給が減少し、需給バランスの改善が見込まれることなどから販価を据え置いた。

おすすめ記事(一部広告含む)