2019年9月2日

20年度概算要求、金属課関連92億円に増 既存案件予算上積み

 経済産業省が30日まとめた2020年度予算概算要求で、製造産業局金属課関連は合わせて91億8000万円と今年度比8億9000万円増える。鉄鋼関連では水素還元製鉄など環境調和型プロセス技術開発、革新鋼板など新構造材料技術開発と、既存案件の予算を上積みする。温暖化など環境対策に寄与する長期の取り組みを通じて、金属産業だけでなく需要家段階の二酸化炭素(CO2)排出削減や循環型社会実現を後押しする。

おすすめ記事(一部広告含む)