2019年9月5日

佐久間特殊鋼、リサイクルCF樹脂複合材料を20年度中にも販売 

大手特殊鋼専門商社の佐久間特殊鋼(本社=名古屋市緑区、佐久間貞介社長)は、リサイクル炭素繊維(リサイクルCF)を使った樹脂複合材料「ReMax Composite(リマックスコンポジット)」の販売を2020年度中にも開始する。リサイクルCFは、バージンCFに比べてコスト、環境面での優位性に期待がかかるが、その量産レベルでの実用例は全国的にもごく少ない。同社ではこのリサイクルCFと樹脂材料を複合化させることで量産・実用性を確立し、今月18日から開催される「第2回名古屋オートモーティブワールド・クルマの軽量化技術展」に初出展する。今後幅広い産業分野で拡大が見込まれる高強度、軽量化ニーズを捕捉する考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)