2019年9月19日

鉄鋼輸出、8月再び300万トン割れ

財務省が18日に発表した貿易統計によると、8月の全鉄鋼ベースの輸出量は前年同月比4・0%減の299万4000トンとなり、再び300万トンを割り込んだ。一部ミルは生産復調に伴い輸出向けを増加させたい考えだが、主力マーケットの東南アジアなど海外市況が夏場から再び下落したうえ、米中貿易摩擦の長期化で需要も低迷気味。さらにベトナムFHSが値下げを打ち出すなどし、ホットコイルで500ドルを下回る価格での取引も増えているもようで、しばらく厳しい環境が続く見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)