2019年9月19日

エムオーテックと仙建工業 災害時の資機材支援協定、国内初 民間同士で締結

エムオーテックと仙建工業 災害時の資機材支援協定、国内初 民間同士で締結
調印式で握手する両社社長(右がエムオーテック緒方社長)

重仮設大手のエムオーテックと東北地方を中心に土木建築工事・軌道敷設・軌道整備などを手掛ける仙建工業(本社=仙台市、内田浩二社長)は18日、民間企業同士では国内初となる「災害時における資機材支援等に関する協定書」を締結し、同日、仙建工業本社で調印式を行った。有事の際、仙建工業はエムオーテックからの資機材確保により、初動対応が迅速になるとともに、平常時の物資備蓄にかかる置き場および金銭的コストを削減できる。エムオーテックは仙台、青森、秋田、いわきの各工場から資機材を提供する。

おすすめ記事(一部広告含む)