2022年1月27日

東大・PPES・パナ・豊通 電池資源・再生で共同研究

東京大学生産技術研究所とプライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)、パナソニック、豊田通商は26日、電池材料やリサイクルに関する「産学連携研究協力協定」を締結し、包括的な連携研究を実施すると発表した。リチウムイオン電池に関わる資源やリサイクル材料において、サプライチェーン(供給網)全体でカーボンニュートラルや生産コスト低減を目指す。同日に東京・駒場の東大生研で協定調印式を開催。今後需要拡大が見込まれる電池分野で、資源やリサイクルの研究を通して持続可能な社会に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)