2019年9月25日

JFEスチールと伊藤忠丸紅鉄鋼、UAE大径溶接鋼管拠点で営業生産を開始

 JFEスチールと伊藤忠丸紅鉄鋼は24日、両社およびアラブ首長国連邦アブダビ首長国100%出資の投資事業会社であるセナートの3社が出資するアルガービアパイプカンパニー(所在地=アブダビ)が、10日に大径溶接鋼管の営業生産を開始したと発表した。7月末には同国のアブダビ国営石油会社(ADNOC)から、アブダビ沖合のヘイルアンドガーシャサワーガス開発向けのコンダクターケーシング用鋼管(外径30インチ、肉厚22・2ミリメートル)を初受注している。受注量は500トン。

おすすめ記事(一部広告含む)