2019年9月30日

日本建設業連合会 8月受注額3割減

 日本建設業連合会は27日、法人会員96社を対象とした受注調査結果を公表し、8月の受注額が7230億円と前年同月比29・3%減少した。8月として2012年以降、最も低い水準となった。「会員会社は年度見通しを変えていない。たまたま発注時期がずれ込んだのでは」(日建連担当者)と年度全体では前年並みとなるとみている。

おすすめ記事(一部広告含む)