2019年10月16日

モリ工業、ステンレス製品値上げ 12月出荷分から10―20%

モリ工業はステンレス製品全般について、12月出荷分から値上げする。店売り、ひも付きともに対象としており、値上げ幅は約10%で、一部商品(溶接ステンレス鋼管屋内配管用)については約20%とする。母材コイルや仕入れ製品の値上がりに加え、物流・資材や働き方改革によるコストアップ分について価格転嫁を図る。また、安定供給に向けて一部商品(配管・装飾管、角管、コールドフラットバー他)のエキストラ改定も行う。

おすすめ記事(一部広告含む)