2019年11月15日

形鋼市場、東西で下げムード後退

東西のH形鋼市場、山形鋼や溝形鋼など一般形鋼市場は下げムードが後退している。足元ではH形鋼を中心に市中の在庫調整が進展しているほか、鉄スクラップ電炉買値が上昇。当面はメーカー各社も価格堅持の姿勢を強めるとの思惑が広がり、マーケットは一時ほどの軟化ムードが解消に向かっている。

おすすめ記事(一部広告含む)