2019年11月20日

重仮設リース4社、4―9月2社経常減益

 重仮設リース大手4社の2019年4―9月期連結業績が19日に出そろい、2社が経常減益となった。堅調な需要環境に伴い、売上高は2社が増収となったが、利益面では人件費や運送コストの上昇などが響いた。下期は工事着工遅れなどの懸念は残るが、各社ともに再開発案件やインフラ整備などが続き、堅調な資材需要が継続すると想定している。

おすすめ記事(一部広告含む)