2019年11月25日

ネツレン、中国に中空ラックバー合弁 19年度設備投資33億円

 ネツレンは、中国で自動車ステアリング部品に使用される中空ラックバーを製造、販売する合弁会社「煙台格爾熱煉科技発展有限公司」を設立する。21日開催した決算説明会で明らかにした。  新合弁会社は山東省煙台市に設立され、持株比率はネツレンが51%、上海格爾汽車科技発展有限公司が40%、江蘇豊東熱技術有限公司が9%となる予定。現在、設立に向け、顧客での品質評価試験や需要量に関する協議をパートナー会社と実施しており、十分な事業性が確認でき次第、新会社を設立する。

おすすめ記事(一部広告含む)